【身代わり少女】暗号の解き方について(ヒント・答え・解説)【攻略】

みなさんこんにちは。かたぴー(@katapiGame)です。

このページは『身代わり少女』『暗号の解き方』について解説します。

4文字を答える

問題

問題
拾弐で巡る返らぬもの
今の最後は零か壱か

たまには八、九で終わるだろうが
私を開くは壱のもの

それは羅列を持ちはせず
壱へと繋がる壱のもの

この問題が示す4文字は何か。

ヒント

廊下にあるカレンダーがヒントです。

答えと解説







正解は『し』『ち』『が』『つ』です!

まず、廊下のヒントと合わせて
「拾弐で巡る返らぬもの」
「たまには八、九で終わるだろうが」

という記述から、カレンダーのことを言っているのが分かります。

カレンダーは拾弐(12月)で一巡しますし、2月は28(29)日で終わるからです。

また、
「壱へと繋がる壱のもの」
という記述から、次の月も31日である月を示すことがわかります。

31日で終わる月は1,3,5,7,8,10,12月。
翌月も31日で、かつ4文字の月は『7月』となります。

7枚のパネル

問題

問題
時が過ぎて月も眠り
山の向こうへ旅に出た

静かな海の波の合間から
また新しい日が昇る

山と海を繋ぐ川は
眩しい日差しを浴びて輝き

草木は風に揺られて歌う
海を越えて、海を越えて

私の方へ、私の方へ

この問題通りに7枚のパネルを並べる問題です。

ヒント

7枚のパネルに猫のパネルは含まれません。

答えと解説







正解は『月』→『山』→『川』→『波』→『日』→『波』→『音符』です!

まず、
「時が過ぎて月も眠り 山の向こうへ旅に出た」
という記述から、山の前に月があることが分かります。

次に、
「静かな海の波の合間から また新しい日が昇る」
という記述から、波と波の間に日があることが分かります。

次に、
「山と海を繋ぐ川は 眩しい日差しを浴びて輝き」
という記述から、山と海(波)の間に川があることが分かります。

最後に
「草木は風に揺られて歌う 海を越えて、海を越えて 私の方へ、私の方へ」
という記述から、私(人間)の近くに歌(音符)があることが分かります。

以上をまとめると、
『月』→『山』→『川』→『波』→『日』→『波』→『音符』
となります。


『身代わり少女』の攻略トップページはこちら。

【身代わり少女】攻略トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください