【Mime -マイム-】エンディングの種類と分岐条件

みなさんこんにちは。かたぴー(@katapiGame)です。

このページは『Mime -マイム-』『エンディングの種類と分岐条件』について解説します。

注意
以下はネタバレを含みます。
閲覧にはご注意ください。

エンディングの種類

『Mime -マイム-』はエンディングが3種類あります。

ただ、エンディングに名前がありません。

MEMO
このページでは便宜上、END1〜3とします。

エンディングの分岐条件

それぞれのエンディングを迎えるための分岐条件について解説します。

END1

4人の部屋を調べたあと、ペンダント・髪束・ピアス・リボンをすべて入手していない状態で鏡を調べるとEND1になります。

END2

各部屋のイベントが終わった後、再度部屋に入るとアイテムが拾えます。
それぞれの部屋からペンダント・髪束・ピアス・リボンを入手しましょう。

4つのアイテムを入手していれば、鏡を調べたときに鏡の少女が出現します。

案内人からの質問に『少女が見えた』を選択しましょう。
これでEND2になります。

END3

途中まではEND2と同じ。

案内人からの質問には『何も見えなかった』を選択しましょう。
これでEND3になります。

END2またはEND3を見ると…

エンディング後にストーリーが表示されます。
どちらのエンディングを迎えたかで結末が変わりますよ!

END2

END3


『Mime -マイム-』の攻略トップページはこちら。

【Mime -マイム-】攻略トップページ