【THE OBJECT】エンディングの種類と分岐条件【ネタバレあり】

みなさんこんにちは。かたぴー(@katapiGame)です。

このページは『THE OBJECT』『エンディングの種類と分岐条件』について解説します。

注意
以下はネタバレを含みます。
閲覧にはご注意ください。

エンディングの種類

『THE OBJECT』はエンディングが5種類あります。

ただ、エンディングに名前がありません。

MEMO
このページでは、便宜上END1〜5とします。

エンディングの分岐条件

それぞれのエンディングを迎えるための分岐条件について解説します。

END1

自分の正体が分かっていない状態で玄関を出るEND1になります。
部屋の外に出られたら真っ先に玄関へ向かえばOK!

END2

まずは自分の正体を知りましょう。
自分の正体を知るためには、居間の電話の留守電を聞けばOK!

あとは、足音が聞こえる前に玄関を出るEND2になります。

END3

END2同様、まずは自分の正体を知ります。
そのうえで1階階段付近で足音を聞きましょう。


足音を聞くための条件についてはこちら。

【THE OBJECT】足音を聞く方法【攻略】

あとは、最後の部屋のイベントを迎えずに玄関を出るEND3になります。

END4

最後の部屋のイベントを迎えて玄関を出るEND4になります。

END5

倉庫のボヤを消さずに、最後の部屋のイベントを迎えて玄関を出るEND5になります。

それぞれのENDを迎えると・・・

迎えたENDによって、タイトル画面のイラストが変化します!

【END1】

【END2またはEND3】

【END4またはEND5】


『THE OBJECT』の攻略トップページはこちら。

【THE OBJECT】攻略トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください